グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


経営学部伊関友伸教授のコメントがNHK広島のWEB記事に掲載


伊関友伸著
『新型コロナから再生する自治体病院』
ぎょうせい 2021年

経営学部伊関友伸教授のコメントがNHK広島のWEB記事に掲載されました。

広島市内の病院の再編に関するNHKの取材に対し、伊関先生は、「全国的に見ると広島県は最近ではあまり医師が集まる県ではない状況にあります。特に山間部の地域では医師不足が非常に深刻な状況です。単に広島市の中の病院の拡大ではなくて、広島県全体に医師を送るための病院として、今回の統合というのが検討されている。その方向性は私は間違ってないかなというふうに思っております」と述べています。

伊関先生は、日本における公立病院研究の第一人者として、同研究分野を牽引すると共に、学部の「キャリアデザインⅠ?Ⅱ」などの授業を担当し、受講生が社会に出るに当たって必要とされるコミュニケーション能力と問題解決力を開発することに重点を置いた教育を実施しています。

伊関友伸先生の経歴
現職 城西大学経営学部教授

1984年、東京都立大学法学部法律学科卒業。
2001年、東京大学188博金宝体育_188博金宝下载@法学政治学研究科修士課程修了。
1987年、埼玉県庁に入庁し、県民部県民総務課調査係、大利根町企画財政課長(県派遣)、総合政策部計画調整課主査、健康福祉部社会福祉課地域福祉担当主査、県立精神保健総合センター総務職員担当主幹等を務める。
2004年、城西大学経営学部准教授に転じ、現在に至る。

研究分野は行政学。研究テーマは自治体病院の経営、保健?医療?福祉のマネジメント。
城西大学経営学部ではキャリアデザインに力を入れて学生の支援を行っている。
博士(福祉経営)日本福祉大学より授与
総務省、持続可能な地域医療提供体制を確保するための公立病院経営強化に関する検討会、公立病院に関する財政措置のあり方等検討会、夕張市病院経営アドバイザーなど、国?自治体の委員等を数多く務める。

【著書】
『新型コロナから再生する自治体病院』(ぎょうせい)
『人口減少?地域消滅時代の 自治体病院経営改革』(ぎょうせい)
『自治体病院の歴史―住民医療の歩みとこれから』(三輪書店)
『まちの病院がなくなる!? 地域医療の崩壊と再生』(時事通信社)
『まちに病院を!』(岩波ブックレット)など。
全国市長会機関誌「市政」に「スクレピオスの杖を探して 地域医療再生への道」を連載中。
  1. ホーム
  2.  >  大学からのお知らせ
  3.  >  経営学部伊関友伸教授のコメントがNHK広島のWEB記事に掲載